Posts in Category: カロリミットの副作用

カロリミットの副作用について理解しよう

カロリミットの副作用にはどのような症状があるのか、事前に理解をしたうえでの摂取が大事です。配合成分から見る何かしらの不調を感じやすいこととして、桑の葉エキスによるものも考えられます。

ぶどう糖の球種がされないDNJの成分が働きますが、それによって腸での分解が起こります。その働きによりガスが、腸内で発生をしやすくなります。

桑の葉エキスの働きでおなかが張りやすいとか、おならがいつもより出やすくなる、少し周囲を気にする症状が起こりやすい可能性はあります。

ただ基本的には、自然の桑からの落葉樹ですので、漢方薬の原料としても、日本では昔から使われてきている、ミネラルやビタミンも豊富なものです。

ぶどう糖吸収を妨げて、分解を腸内でするため、ブドウ糖の吸収を妨げることになり、ダイエットに役立ちます。

鳩龍緑茶エキスにはカフェインが含まれていて、過剰なカフェイン摂取は、中毒症状をもたらします。これは花序摂取をした場合の副作用であり、カロリミットに含まれるカフェイン量では、体調を崩すようなことはまずないです。

カロリミットは摂取量に気をつけて

摂りすぎがいけないわけであり、適量であれば悪玉菌を成敗してくれて、善玉菌をお腹の中に増やします。カロリミットに含まれる分であれば、多すぎることはないので、鳩龍緑茶エキスは腸を元気にしてくれますし、代謝をよくすることにもなります。

インゲン豆エキスも含んでおり、含有するたんぱく質のレクチンには毒性があります。

生で食べるのは大変危険であり、生でレクチンを摂取してしまうと、激しい嘔吐や下痢の症状に見舞われます。おなかに関わる副作用が激しいいのが、生のままのインゲン豆の持つ、レクチンの危険ともいえる副作用です。

これは生での話であり、カロリミットは生でインゲンを食べるわけではないです。

サプリになるまでに加熱処理という加工がありますので、サプリとして飲んだところで、インゲンの持っている、レクチンの危険を心配することはないです。